2021年おすすめの7つの日本VPN

このレビューでは、最新のテスト結果と分析に基づいて、日本のベスVPNサービスをハイライトしています。

市場には多くの異なるVPNがあり、過去数年にわたって私たちは何十種のVPNサービスをテストし、いくつかの優れたVPNを発見しました。

これらのVPNは、世界中に多数のサーバーを配置しており、世界中のインターネットコンテンツのロックを解除することができるし、スピードも速いです。

インターネットの審査が厳しい国での使用は非常に難しい場合がありますので、私たちのチームは中国やアラブ首長国連邦などの国でテストを行いました。 本サイトで推奨しているVPNは、日本でのプライバシーやセキュリティを確保するだけでなく、ファイアウォールの検知を避けたり、BBC iPlayerやHulu、Amazon Prime、Disney +などのストリーミングサービスのコンテンツのブロックを解除したりするためにも利用できます。

VPNが使いやすいかどうかは、通常は価格とは関係ありませんし、時には高価なVPNの方が使い勝手が悪いこともあります。 VPNを選ぶ前に、VPNには以下のようなものがあるかどうかを検討する必要があります:

  • ストリーミングサイトのブロック解除:世界中の大部分のストリーミングサイトの地域ブロックを解除することができる
  • スピードと信頼性: すべてのサーバーネットワークで良好なパフォーマンスを持つ
  • 暗号化標準: レベルの高いVPNプロトコルと強力な暗号化標準がサポートされている
  • 返金保証: 使用できない場合、期限内にお金を取り戻すことができる
  • 信用がいい: 悪い経歴はない
  • アプリは使いやすい: すべての機能を備えた高品質のVPNアプリ!
  • ファイアウォールを避ける: インターネット審査のある国ではとても重要なポイント

日本のベストVPN

このレビューの各VPNサービスは、信頼性、速度、IPアドレスの漏洩、DNSの漏洩、接続の問題についてテストされています。 また、各VPNプロバイダの会社方針、管轄権、ログ、過去の経緯を確認しました。これらの要素をすべて考えた上でランキング化しています。

1.ExpressVPN –2020年総合ランキングトップのVPN

複雑なVPN市場の中で、ExpressVPNは今でも抜群のパフォーマンスで身をあらわし、日本にお勧めの最高のVPNとなっています。多くのVPNが接続エラー、低速、データ漏洩の問題が出ていますが、ExpressVPNは一貫して優れたパフォーマンス、最高のセキュリティ、Netflixなどストリーミングサイトとコンテンツをスムーズに訪問できます。

ベストVPN

セキュリティのために、ExpressVPNはAES-256暗号と4096 RSAキーによる強力な暗号化を利用しています。 すべてのVPNアプリケーションでOpenVPNプロトコルをサポートし、ネットワークキルイッチ(Kill Switch)が組み込まれているため、すべてのデータが安全かつ暗号化(漏洩はない)されたままであることを保証します。

また、ExpressVPNは最高水準のネットワークセキュリティを維持しており、すべてのサーバーがRAMディスクモードで作動しています。 これにより、VPNサーバーにログやデータを一切保存できなくなり、セキュリティも向上します。 さらに、PWCによる独立監査に合格し、ノーログポリシーの遵守を確認しています。

VPNを使ってストリーミングメディアにアクセスする必要がありますか?ExpressVPNは現在、Netflixの最適VPNであり、日本と世界中の多くの地域でのNetflixのバージョンをサポートしています。また、BBC iPlayer、Hulu、Amazon Prime、Disney +などのストリーミングサービスとも連携できます。 160箇所のサーバー(94カ国/地域)のいずれかに接続するだけで、ストリーミングを放送できます。

以下はExpressVPNは数多くのVPNから身をあらわした主な利点です:

  • 一番速いスピード:ExpressVPNのスピードは常に他のVPNよりも優れており、その優れたパフォーマンスで知られており、より良いユーザー体験を求めるためパフォーマンスの向上を続けています。
  • ブラウザ拡張機能:ブラウザ拡張機能は、Chrome、Firefox、Safariで利用可能ですが、オープンソースであり、HTTPS Everywhereが含まれています。
  • すべてのデバイスに対応したアプリ:Windows、Mac OS、Android、iOS、Linux、ルーター、スマートテレビなど、主要なデバイスやオペレーティング・システムに対応したユーザーフレンドリーなアプリです。
  • Split Tunneling:Windows、Mac OS、ルーターアプリにSplit Tunnelingを提供しています。特定のアプリやウェブサイトのトラフィックを暗号化されたVPNトンネルの外へ転送する機能です。
  • VPNルーターアプリ:ルーター上でVPNを使用するには、ExpressVPNは専用のルーターアプリを提供しています。 このアプリを使えば、ルーター上でのVPNの利用が簡単になるだけでなく、サーバーのロケーションを軽く切り替えられるようになります。
  • セキュリティ監査:ExpressVPNはドイツのサイバーセキュリティ会社Cure53が実施した第三者のセキュリティ監査に合格しました。
  • スピーディーなオンラインカスタマーサービス対応:豊富なセットアップビデオやハウツーマニュアルに加えて、ウェブサイトを介して直接に24/7ライブのオンラインカスタマーサービスに連絡することができます。
  • ユーザーフレンドリー:ExpressVPNのVPNアプリは直感的でシンプルでとても使いやすいです。

主な欠点:

  • 一部の競合相手より高いこと(下記のクーポンをご利用いただけます)

返金ポリシー:すべてのサブスクリプションプランには、30日間の全額返金保証が付いていので、全然問題ありません。

詳しいテスト結果や分析については、ExpressVPNレビューを参照してください。


2.NordVPN – 優れたパフォーマンスとセキュリティを備えたお得なVPN

NordVPNは、近年サービスの改善やバージョンアップが進んでいる人気のVPNです。最近では、すべてのオペレーティングシステムにWireGuard VPNプロトコルを導入し、NordVPNがプロトコルを完全にサポートするようになりました。WireGuardはほかのVPNプロトコルより速いし、セキュリティーも向上させています。私自身のテストでは、NordVPNは以前のベンチマークテストを大幅に上回り、これまで以上に高速であることがわかりました。

最もお得なVPNサービス

ExpressVPNと同じ、NordVPNは独立した監査を受けており、セキュリティとノーログポリシーの遵守を保証しています。 公開なバグ報奨プログラムを導入し、Verspriteと継続的な提携関係を維持することで、セキュリティー監査と侵入テストを実施しています。NordVPNは非常に強力なAES-256-GCM暗号化とDHE-4096鍵交換暗号化を使用して、完璧なフォワードシークレットを実現しています

極めて高速で強力なセキュリティを備えたNordVPNは、TorrentのベストVPNになっています。また、Netflix、Hulu、BBC iPlayer、Disney +など、主要なストリーミングサービスすべてに対応しています。Firestick、テレビボックス、スマートテレビ、その他のストリーミングデバイスでVPNサービスを使用したい場合は、NordVPNアプリを利用できます。

今までに、NordVPNは日本のサーバーを含む59カ国/地域に約5400台以上のサーバーを持っています。 仮想サーバーのロケーションを使用せず、すべてのサーバーは専用のハードウェア上でRAMディスクモードで作動します。 これにより、セキュリティが向上するだけでなく、VPNサーバーにログを保存できなくなります。 NordVPNでは、先説明した専用サーバーに加えて、VPN通信を通常のHTTPS暗号化として隠す難読化サーバーも提供しています。 ファイアウォールを避けるのに便利な機能なので、NordVPNも中国のベストVPNの一つになっています。

新しく導入されたWireGuard VPNプロトコルに加えて、NordVPNには他にも多くのプライバシーとセキュリティ機能がありますが、ここではNordVPNの主な利点をご紹介します:

  • インターネット監査を避ける
  • グローバルストリーミングのリージョン制限を解除できる
  • CyberSecの機能は、広告、トラッキング、マルウェアをブロックできる
  • サーバーネットワークは非常に安全で、すべてのサーバーはRAMディスクモードで作動
  • すべてのVPNアプリケーションのためのリーク保護機能を内蔵(リークなし)
  • Double VPNサーバーは、複数回のトラフィックの暗号化ができる
  • 追加のTor-over-VPNサーバ

主要な欠点:

  • 70%割引は3年契約にのみ適用される
  • ルーターアプリはない(それでもほとんどのルーターのファームウェアで作動できる)

詳しいテスト結果や分析については、NordVPNレビューを参照してください。


3.Surfshark -最安値のVPNサービス

Surfsharkは2018年に正式発表された若手のVPNサービスの一つです。 比較的新しい製品であるにもかかわらず、強力なリークプロテクション機能を持ち、多数のストリーミングサービスのロックを解除するできるし、優れたカスタマーサービスサポートを提供しています。 さらに、ユーザーに数の制限無しの接続を提供しています。

最安値のVPN

Surfsharkは強力なプライバシーポリシーを維持し、英領ヴァージン諸島に位置するノーログのVPNサービスです。Surfsharkアプリは、データのセキュリティーと暗号化を確保し、漏洩を一切発生させないための良好な漏洩防止設定(ネットワークキルスイッチ)を備えています。 広告やトラッキング、マルウェアをブロックするCleanWeb機能もあります。

SurfsharkはAES-256-GCMパスワードを利用して強力な暗号化を行い、OpenVPNとIKEv2 VPNプロトコルをサポートしています。 さらに、Surfsharkは13種のDouble VPNサーバー配置を提供しており、同時に2つのサーバーでトラフィックを暗号化することができます。 Surfshark は多くのサーバーに良いスピードを提供することができますが、パフォーマンスに関してはNordVPNやExpressVPNには及びません。

ストリーミングメディアやウェブサイトアンロックを解除にアクセスしたい場合、Surfsharkはこの点ではうまく機能します。現在、10種類の異なる地域のNetflixバージョン及びその他のほとんどのストリーミングメディアサービスをサポートしているし、日本のユーザーがストリーミングを視聴するニーズにも満たすことができます。surfsharkはAndroidやiOSに対応しており、専用のモバイルアプリも用意されている優れたVPNです。

Surfsharkは、VPN市場でユーザーの好評を取得し続けています。 ベストVPNの強力な競争者であり、最も低額なVPNの1つで、月額わずか1.99ドルです。

主な欠点:

  • 一部のサーバーのロケーションによって速度が不安定になる(近いサーバーは非常に速い)
  • Mac OS向けのOpenVPNプロトコルはない(他のオプションについては、MacのベストVPNを参照してください)。

詳しいテスト結果や分析については、Surfsharkレビューを参照してください。


4.VyprVPN -スイスに拠点を置く安全でプライバシーに配慮したVPNサービス

もう一つのお勧めの良いVPNは、スイスにある最も良いVyprVPNの一つです。 2014年に設立され、その会社の目標は「最も頼もしい、信頼できるVPNプロバイダー」であり、ユーザーに安全なオンライン体験を提供するために最善を尽くしています。 VyprVPNのネットワーク全体は、豊富な帯域幅と強力なセキュリティを備えた独自専用サーバー上で作動しています。 すべてのサーバーは、ハードドライブのないRAMディスク上で作動し、Double VPN配置をサポートし、ログを保存しません。

VyprVPN公式ウェブサイト

VyprVPNは私たちのテストでは良好なパフォーマンスを示し、日本ベストのVPNプロバイダーと競争することができました。 リーク保護設定を含む安全なアプリを提供し、すべての機能を備えたGUILinuxクライアントまで持っています。

現在、ゲームコンソール向けのVPNアプリが開発されていますが、第三者製のアプリをサービスと提携利用することができます。 WireGuardプロトコルに対応していますが、アプリ内で直接使用することはできません。

VyprVPNは透明性の高い会社で、2014年まで遡る明確な月次レポートを公開しています。VyprVPNは、現金を郵送することを含む完全匿名の支払いと登録方法に対応しています。

VyprVPNはプライバシーとセキュリティに重点を置いたサービスですが、NetflixやHuluを含むいくつかのストリーミングサービスをサポートしています。ただし、現在はNordVPNやSurfsharkほど多くのストリームをサポートしていません。

主な欠点:

  • サポートされているストリーミングサービスの数が少ない

詳しいテスト結果や分析については、VyprVPNレビューを参照してください。


5.CyberGhost -ルーマニアからのセキュアなVPN

CyberGhostはセキュリティに重点を置くVPNで、性能や機能が良く、競争力のある価格で提供されています。 CyberGhostはスピード、強力な暗号化、優れたプライバシー機能で素晴らしく働きます。

CyberGhost公式サイト

CyberGhost は現在、WireGuard VPN プロトコルをサポートしています。 しかし、NordVPNと違って、正しく設定して使用するにはいくつかの手順が必要で、アプリ内で直接使用することはできません。CyberGhostのアプリには、リーク保護機能やポート選択機能が内蔵されており、様々なVPNプロトコルを選択することができます。 また、専用サーバーとして、Double VPNサーバー、P2Pサーバー、難読化サーバーなどを用意している。

デスクトップVPNアプリに加えて、ユーザーはまた、Chrome、Firefox、およびOpera向けのセキュアプロキシブラウザ拡張機能が使えます。CyberGhostを使用することで米国のNetflixを視聴できますが、CyberGhostは、他のNetflixの地域をサポートしていません。

主な欠点:

  • 基本的な接続ログは、ネットワークセキュリティとオプティマイズのために24時間保存されています。
  • 一部のストリーミングサービスには適用されません。

詳しいテスト結果や分析については、CyberGhostレビューを参照してください。


6. Private Internet Access -レベルの高いプライバシー機能を備えたベストVPN

最高レベルのプライバシーとセキュリティを望む方であれば、Private Internet Accessは良い選択かもしれません。 アメリカにあり、プライバシーポリシーが厳しく、プライバシーとセキュリティにプロなチームが運営しています。 ほとんどの日本のユーザーにとっては少しオーバーかもしれませんが、Private Internet Accessには、他では見られないような高級な機能がたくさんあります。

Private Internet Access公式サイト

Private Internet Accessの主な利点は以下の通りです:

  • アド/トラッキングブロッカー: TrackStop機能は、VPNサーバーレベルで数千もの広告やトラッカー、マルウェアやフィッシングサイトをブロックできます。 また、フィルターを起動し、ソーシャルメディアのトラッカーをブロックすることもできます。
  • IPv6サポート: Private Internet Accessは、IPv6を完全にサポートしている数少ないVPNの1つです(IPv4アドレスとIPv6アドレスを同時に取得できます)。
  • ポートフォワーディング: Private Internet Accessでは、ポートフォワーディングの設定をカスタマイズすることができ、Torrent向けの良いVPNが必要な場合に最適です。
  • 強力な暗号化: rivate Internet Accessは、4096ビットの鍵交換によるAES-256暗号を使用して、ユーザーのデータを保護します。 ユーザーはOpenVPNとIPSec/IKEv2のプロトコルの間選択することができます。
  • Double VPNサーバー: Private Internet Accessでは、複数のVPNサーバー間でトラフィックを転送することができます。 これにより、ユーザーをより高いレベルで保護することができます。

Surfsharkと同様に、Private Internet Accessはユーザーに数の制限無しの接続を提供していますが、Private Internet Accessの方が少し割高です。Windows、Mac OS、Linux、AndroidのカスタムアプリでPrivate Internet Accessを利用できるほか、他のデバイス(iOSを含む)にも対応しています。

主な欠点:

  • 一部の接続ログが残す(ただし毎日削除される)

詳しいテスト結果や分析については、Private Internet Accessレビューを参照してください。


7.IPvanish -パフォーマンスもセキュリティも良いVPN

IPvanishは米国に拠点を置き、ネットワークセキュリティのプロたちによって管理されています。WireGuard VPNプロトコルなど、高品質なアプリケーション向けにさまざまな暗号化オプションを提供しています。 NordVPNやSurfsharkのように、IPvanishはプロキシブラウザの拡張機能とDouble VPNサーバーを提供しています。 ipvanishのアプリには、すべてのトラフィックを保護するためのリークプロテクション(ネットワークキルスイッチ)が組み込まれています。

IPvanish公式サイト

規模が小さいにもかかわらず、IPvanishは日本を含む世界中のサーバーの良いネットワークを持っています。 そのVPNネットワークは、優れたパフォーマンスとセキュリティーを提供しています。IPvanishは、多くの機能と優れたパフォーマンスを持つ費用対効果の良い製品です。

メールでの内部対応をサポートし、(オンラインチャットはサポートされていません)、レスポンスが速いのが分かりましたし、IPvanishの主な利点は以下の通りです:

  • セルフホスト型暗号化DNSを搭載した専用サーバー
  • 優れたスピードと充実した利用可能な帯域幅
  • Double VPN(Double VPN)サーバ配置
  • 多くの異なる暗号化オプションを備えた難読化機能
  • セキュアプロキシブラウザ拡張機能
  • WireGuard VPNプロトコルをフルサポート

大きな欠点:

  • Netflixやその他のストリーミングサービスのサポートが制限されている
  • サーバーの数が少ない(しかし、すべてのサーバーが専用のハードウェア上でRAMディスクモードで作動している)

日本ベストのストリーミングVPNとは何ですか?

日本一のストリーミングVPNはExpressVPNだと思う3つの理由

  • すべてのストリーミングサービスをサポート: ExpressVPNはすべての主要ストリーミングサービスへ最高のアクセスを提供します: Netflix、Hulu、Amazon Prime、Disney +、BBC iPlayer、 ESPN、HBO、SkyGoなど。
  • 高品質のストリーミングスピード: 一時停止、中断、バッファリングはない。
  • すべてのストリーミングデバイスに対応したアプリケーション: スマートテレビ、テレビボックス、タブレット、コンピュータ、携帯電話、ゲーム機など、あらゆるストリーミングデバイスに対応したアプリケーション。

以下、私はアメリカでExpressVPNを使ってNetflixを視聴しました。ExpressVPNは現在、以下のNetflix地域をサポートしています:アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、フランス、イタリア、日本、ドイツです。

ExpressVPNを使って米国Netflixにアクセス
ExpressVPNはNetflixとその他のサービスの面ではうまく働いている

AndroidとiOS向けの最適なVPNはなんですか?

最近、Android向けのVPNをたくさんテストしたところ、ベストのVPNはNordVPNであることがわかりました。

NordVPNは、AndroidとiOSモバイルデバイス向けのベストVPNのリストでトップになっていますが、その理由は主に3つあります:

  • WireGuard VPNプロトコル: このプロトコルは、モバイルデバイスで最も優れたパフォーマンスを表しました。接続が早く、非常に安定している。
  • スピードが速い: WireGuard VPNプロトコルとアップグレードされた専用サーバーのネットワークにより、NordVPNはこれまで以上に高速です。 他のVPNを凌駕し、モバイルユーザーに優れたパフォーマンスを提供します。
  • 素晴らしいモバイルアプリ: 私は2つの理由でNordVPNのモバイルアプリ(AndroidとiOSの両方)が好きになりました。 まず、信頼できるリークプロテクションと強力な暗号化が施されているため、非常にセキュアです。 次に、CyberSecやすべての専用サーバを含むデスクトップクライアントの主要な機能を全部含んでいます。

日本ベストなプライバシーVPNは何ですか?

このレビューで推奨されているVPNはすべて、プライバシーとデータセキュリティーの面では良い選択です。 すべてテストされており、安全で信頼できて、安全なプライバシーの管轄区域でオペレーションしていると考えられています。

おすすめのVPNは全てノーログサービスです。 また、そのうちの二社はすでに第三者機関による監査を受け、ノーログポリシーを検証しました。

  • ExpressVPN: PWC が実施したノーログ監査と Cure53 が実施したセキュリティ監査に合格しました。
  • NordVPN: スイスのチューリッヒにあるPWCによって実行されたノーログ監査に合格しました。 現在Versprite Cybersecurityによる更なるセキュリティアップグレードのテストが行われています。順調にサーバーネットワークをRAMディスクのみのモードで動作するように変換しました。

最高のスピードとVPNパフォーマンスを得る方法

VPNを利用して最高の速度とパフォーマンスを実現するにはどうすればいいですか?

日本のトップVPNサービスを使用している場合は、スピードが大幅に低下することに気づきません。もちろん、VPNサーバー間のトラフィックを暗号化するために必要な追加の作業はスピードに影響しますが、特に近くのサーバーを使用している場合は、通常のブラウジングでは明らかではありません。

ベストのVPNのスピードと信頼性を得るためのヒントは以下通りです;

  • 1.実際のロケーションに最も近いサーバーを使用します。通常、これによりレイテンシーが短縮され、パフォーマンスも向上します。
    最も混雑していないサーバーまたは「推奨」サーバーを選択します。一部のVPNは、サーバーの帯域幅の負荷を表示するか、距離と負荷に基づいてサーバーを「推奨」することにより、最適なVPNサーバーを選択するのに役立ちます。
  • 2.さまざまなVPNプロトコルを試します:OpenVPN UDPは、セキュリティとスピードの最高の組み合わせを提供します。WireGuardは、私たちがテストした最速のVPNプロトコルです。さまざまなVPNプロトコルと暗号化オプションを試してみると、ネットワークに最適な方法を見つけることができます。
  • 3.アンチウイルスとWiFiの攪乱を検討します:アンチウイルスソフトウェアまたは他のWiFiネットワークがVPNのスピードを攪乱する場合があります。
  • 4.有線(イーサネット)接続を使用します:有線接続(高品質のイーサネットケーブルを使用する)は通常、WiFiよりも高速で安定したスピードを提供します。
  • 5.処理能力を検討する:デバイスの処理能力によってスピードが制限される場合があり、特にVPNルーターを使用している場合です。
  • 6.オペレーティングシステムを検討してみましょう:LinuxとMac OSでのVPNのスピードは、一般的にWindowsよりも速いことがわかりました。WindowsでVPNを使用する場合、TAPアダプターが、帯域幅と処理能力を邪魔して、スピードとバックグラウンドプロセスに影響を与えることがあります。
  • 7.インターネットブロードバンドをアップグレードします:VPNはインターネットプロバイダーの接続スピードを超えることはできません。

ご覧のとおり、スピードに影響を与える要因はたくさんあります。これらのさまざまな方法を試してみると、日本でベストのVPNスピードを得るのに役立ちます。

日本ではVPNは安全で合法的ですか?

トラフィックを有効的に保護できる(リークなし)信頼できるVPNサービスを使用している場合、日本でVPNを使用するのは非常に安全です。しかし、市場には安全でないVPNがたくさんあるため、特に無料のVPNサービスに関しては、問題が出ます。以下で詳しく説明します。

次の質問:VPNは日本で合法的ですか?

通常、答えは「イエス」です。中国のようなVPNが制限されている国にいても、VPNの通常の使用は合法的ですが、日本や韓国などのアジア諸国では完全に合法的なものです。世界中の企業や個人は、VPNを使用することで基本的なプライバシーとセキュリティの確保を実現しています。セキュリティ上の理由から、企業はVPNテクノロジーと暗号化に依存しています。

世界のほとんどの国/地域では、VPNは完全に利用可能です。

VPNの使用をコントロールしている国と、VPNを完全に禁止している国を確認するために、196の国のVPN法律についてファクトチェックを実施しました。

次の国でのみVPNを使用するには、「政府の承認」が必要です。

  • 中国
  • イラン
  • オマーン
  • アラブ首長国連邦

できる限りこれらの国ではVPNを使用しないようにしてください。「政府の承認」とは、必要に応じて一部のデータを政府と共有する可能性があることを意味します。

そうは言っても、中国は現在、「中国VPN レビュー」で説明されているように、未承認のVPNサービスに「禁令」を下しています。これは国の検閲システムと矛盾しています。欧米諸国では、これは問題ではありません。これらの国では、VPNは依然として安全で、合法的で、人気のあるツールです。

最高の無料VPNサービスは何ですか?

「無料」は、ユーザーの個人データをサービス料として第三者に販売される可能性があるので、最も高価な場合があります。

無料のVPNサービスは無料な製品を提供し、ユーザーのデータを収集することで利益を稼ぎます。無料のVPNサービスがなぜリスクあるかを示す根拠のある理由は次のとおりで:。

  • マルウェア: マルウェアは通常、データを収集するために無料のVPNサービスに隠されています。ある調査によると、Androidデバイスの38%が無料のVPNアプリにマルウェア潜んでいます。
  • ストーキング: 無料のVPNに隠されている追跡ライブラリはデータ収集にも使用されます。人気のあるBetternet無料VPNアプリケーションには、14の異なる追跡ライブラリが含まれていることがわかりました。
  • 第三者がユーザーのデータをアクセス: 無料のVPNを介して実行するすべての操作は、サードパーティに提供できます-多くのVPNは、プライバシーポリシーにこれを明確に記載しています。
  • ブラウザの乗っ取り: 一部の無料VPNは、ブラウザをeBayなどのeコマースサイトにリダイレクトすることがわかっています。
  • トラフィックリーク: これは、無料VPNを使用する方が直面する最大のリスクかもしれません。これは、ユーザーの身分が公開されるためです。ある調査によると、無料のAndroid VPNアプリの84%がユーザーデータを漏らし、VPNが役に立たなくなっていることがわかりました。

VPNの代わりに第三者のDNSプロバイダーだけを使用できますか?

多くの人が、良いVPNの代わりに第三者のDNSプロバイダーを使用することを推奨しています。これは、いくつかの理由でかなり間違った考えです。

まず、第三者のDNSプロバイダーはDNS要求のみを処理し、プライバシーを提供しません。DNSリクエストが暗号化されている場合でも、実行するすべてのオンライン操作でIPアドレスが開示されます。

次に、インターネットプロバイダーは、ユーザーがアクセスしたすべてのWebサイト(IPアドレス)を引き続き見ることができます。また、これらのWebサイトは、ユーザーの実際のIPアドレスも表示されます。

逆に、優れたVPNは、IPアドレスとロケーションを隠すだけでなく、VPNトンネルで暗号化されたままのすべてのDNS要求を暗号化して変換します。これにより、第三者(ユーザーのISPを含む)からアクティビティ(ブラウジング)を保護すると同時に、IDを保護できます。

最後に、一元化されたDNSプロバイダー(Cloudflareなど)がすべてのトラフィックをリッスンし、第三者に引き渡す場合があります。

VPNで使用できるデバイスはどれですか?

VPNは、ネットワークに接続されているほぼすべてのデバイスで使用できます。

  • コンピューター: Windows、Mac OS、Linux、Chromebookのいずれを作動していても、コンピューターでVPNを使用できます。インストールとセットアップのオプションは、使用するVPNサービスによって異なります。
  • 携帯電話とタブレット: VPNは携帯電話とタブレットでも非常に人気があります。AndroidまたはiOSのどちらを作動していても、VPNはどのスマートフォンまたはタブレットでも使用できます。UbuntuTouchもVPNと連携できます。
  • ルーター: ルーターにVPNをインストールする場合、ルーターに接続されているすべてのデバイスは暗号化されたVPNトンネルを使用し、各デバイスにVPNソフトウェアをインストールする必要はありません。暗号化されたVPN接続を使用しているデバイスが多数ある場合でも、ルーターはただ1つのVPN接続としてカウントされます。
  • TVボックス: ほとんどのTVボックスはAndroidオペレーティングシステムをベースにしています。これは、VPNサービスのAndroidアプリを使用して、TVボックスにVPNをインストールできることを意味しています。
  • スマートTV: スマートTVでVPNを使用できるかどうかは、使用しているスマートTVのタイプとVPNがそれをサポートしているかどうかによって異なります。Android VPNアプリケーションは、AndroidベースのスマートTVで使用できます。Samsung Smart TVは、ExpressVPN MediaStreamer機能と提携できます。
  • Fire StickとFire TV: VPNはFire StickとFire TVでも使用できます。

最高のVPNよくある質問

💡VPNを使用する利点は何ですか?

IPアドレスを隠し、トラフィックを暗号化して、匿名のままにしておくことができます。VPNがプライバシーと匿名性を提供することをご存知かもしれません。しかし、それはどのように行うのでしょうか?

まず、IPアドレスをマスクして、実際の地理的なロケーションを隠します。多くのVPNがDNSまたはIPアドレスをリークすることを考えると、すべてのVPNが優れたプライバシー保護を提供できるわけではありません。IPアドレスを隠すことで、ロケーションを日本またはその他の国に設置できるため、地域がブロックされているストリーミングサイトをバイパスできます。インターネットコンテンツ検閲システムを備えた国では、VPNはトラフィックを暗号化して非表示にすることができるため、ファイアウォールをスムーズに避けることができます。

VPNは、ブラウザを保護するだけでなく、アプリケーションアクティビティを保護するために、ネットワーク接続全体(主にOpenVPNトンネルプロトコルを使用)の周りに安全なトンネルを作成します。ほとんどのVPNは256ビットのAES暗号化を使用しているため、インターネットサービスプロバイダー(ISP)は、アクセスしているウェブサイトを追跡できません。これは、個人データが保護されていることも意味します。

💡VPNを使ってNetflixなどのストリーミングメディアを視聴することはできますか?

市場に多くのVPNのは、自分のサービスがNetflixで作動できると主張しています。 しかし、日本ではすべてのVPNが正常に作動するわけではありません。

テストしたVPNの約70%は、Netflixのジオブロッキングを解除できないことがわかりました。 Netflixが近年課したVPN接続とプロキシサーバーの厳格なブロックを考ると、これはかなり良い数字です。 著作権者からの巨大な圧力を受けているため、さまざまな地域の人々がストリームを視聴しないようにするために必要なすべての措置を取っています。

私たちのテストでは、ExpressVPNとNordVPNは両方とも複数のサーバーで完璧に働くことが示されています。 これは、積極的にNetflixによって検出されることを避けていることを意味します。Netflixに加えて、ユーザーはまた、地理的な制限を避けて、スポーツチャンネルとさえHuluを視聴できることを示しています。

💡VPNは安全的にTorrentを作動できますか?

はい、匿名でP2P活動を行うことができます。 唯一の問題は、すべてのVPNがそのサーバー上でTorrentを許可していないことです。我々はTorrentのためのベストのVPNをテストし、それらのほとんどは、次の4つのカテゴリのいずれかに分類されることがわかりました。

  • 1.数の制限なし且つ制限されないTorrentを許可する
  • 2.特定のサーバーでのみ制限されたTorrentを許可する
  • 3.許可されているが、奨励されていない
  • 4.許されない

Torrent接続は、P2Pファイルに接続して共有し、雷のようなスピードで大量のファイルをダウンロードします。 問題は、Torrentが著作権法を迂回してコンテンツを違法にダウンロードするために利用されていることで、多くのVPN企業が法的リスクを回避していることです。

💡VPNプロバイダーはログファイルを保存していますか?

多くのVPNを調べた結果、一部のVPNは三つまたそれ以上の大事なログファイルを収集していることを発見し、これらのファイルを通じて個人の行動が簡単にわかります。

みんな「ログを取らない」と言っていますが、そういうふうに言わない人はほぼいない。 ログをとっているかどうかを調べるコツは、その企業のプライバシーポリシーやサービスアイテムを調べて、何を記録しているかを確認することです。 例えば、ほとんどのサーバーが帯域幅の使用状況を追跡して、自分のサーバーのパフォーマンスを監視できるようにしていますが、そのデータは重要ではありません。

しかし、サービスへのログインやログアウトを追跡するVPNがあり、ユーザーが訪問した各ウェブサイトを追跡するものがあり、これらのデーターはプライバシーに関わります。 さらに悪いことに、彼らの多くは、問題を混乱させるために複雑すぎる法律を使用しています。 ダウンロードしたファイルを追跡していないと思わせるような無邪気な方法で提示してきます。

💡VPNは速度に影響しますか?

なんとなく、30%の下落が予想されますが、これは大きくVPNによります。

VPNは、元のインターネット接続に別のセキュリティーを追加し、その代わりトラフィックの暗号化に時間がかかることも意味します。 この余分な時間は、VPN接続を使用していない場合と比較して、ネットワークのスピードを低下させます。 重要なのは、スピードに大きな影響を与えないVPNを見つけることです。

テストした各VPNについて、同じ速度テストを繰り返しました。 まず、VPNを使わずにベンチマークを読み取ってから、いくつかの異なるサーバーに接続して比較しました。

日本でVPNをテストしてみたところ、接続によっては数十ミリ秒程度しか接続が遅れることがなく、使っているときにはほとんど気にならないことがわかりました。 しかし、私たちがテストしたVPNプロバイダーの中には、接続が100%以上遅くなるという悪いケースもいくつか見られました! これらのVPNでストリームを視聴することはほぼ不可能で、メールの返信すら困難になります。

各VPNをランク付けしました。 なので、選び方がわからない方はランキングを参考にしてみてください。

💡VPNの平均的な費用はいくらですか?

良いVPNの費用は2ドルから8ドル/月で、実際にはかなり手頃な価格です。

一般的に、月別のサブスクリプションは最も高額であり、いくつかのVPNは月に18ドルもの費用がかかるのを見てきました。

しかし、1年(あるいはそれ以上)前払いであれば、2ドルから7ドルに値下げすることができます。

我々がテストしたベストのVPNは、すべて7日から30日間の返金保証を提供しているので、あまり心配する必要はありません。

💡VPNはIPSスロットリングをサポートしてくれますか?

通常、インターネットサービスプロバイダ(ISP)は、接続スピードを意図的に遅くするために接続を制限します。

帯域幅を多く取られるHBOやNetflixのようなストリーミングメディアにアクセスする場合、意図的に接続を遅くして間接的に停止させている可能性があります。

これらのストリームを視聴している場合、他の顧客が使用するリソースが少なくなるし、利用者もオペレーターのサービスや番組を視聴していないことになります。そのため、多くの場合、複雑な方法を使ってトラフィックデータを監視し、制限をかけています。

しかし、VPNがあれば何とかなります。 ユーザーのトラフィックを暗号化し、通常のトラフィックデータとして隠すことができます。

💡VPNを使用することによるリスクはありますか?

VPNはほとんどが安全で、違法なことに使用していない限り、ほとんどが合法的です。

その結果、以下のいずれかを行っていない限り、ほとんど問題やリスクに遭うことはありません。

  • 「政府の承認」が必要な国でのVPN利用
  • VPNを介して著作権で保護されたファイルをダウンロードやTorrent
    を作動
  • VPN接続を利用したその他の違法行為の実行

また、劣ったVPNを使用し、ストリーミングを視聴するとき、時間が多く無駄にしている可能性があり、最終的にはあきらめを余儀なくされ、おそらく返金を得ることができません。

また、無料VPNを利用する際にトラッキングやマルウェアのリスクを負うことも珍しくなく、無料VPNではデータを収集して第三者に販売してしまうことが多いです。