2021年ルーターに適用するVPNベスト5

ルーターにVPNをインストールした後は、このルーターにすべての端末を接続させることができるので、VPNサービスプロバイダが課している端末数の制限を気にする必要はありません。もう一つの利点は、VPNのインストールをサポートしていない端末がルータに接続することができるので、VPNの機能を使用することができます。

多くのルーターはVPNインストールに対応していませんが、元のファームウェアを他のファームウェアに置き換えることができ、最も広く利用されているのはDD-WRTというオープンソースで無料のLinuxベースのファームウェアで、様々なルーターにインストールすることができます。また、VPNやDD-WRTがプリインストールされたルーターを販売するVPNプロバイダーもあり、ユーザーの手間を大幅に省くことができます。

このリストのために選んだ各VPNには詳細な情報を多くがありますが、DD-WRT ルーター向けのベストなVPNを素早く知りたいであれば、ここに私たちのトップピックを紹介します:

全面的なテストにより、DD-WRTルーターにベストなVPNがいくつか見つかりました:

  • 1.ExpressVPN: DD-WRTルーターに最適です。DD-WRTルーターの設定に関する様々なチュートリアルが公式サイトで公開されており、オンラインでの技術サポートもライブで受けることができます。速度に優れ、30日間の返金保証付きでセキュリティ面でもリーダー的な存在です。
  • 2.NordVPN: とても簡単にインストールでき、いくつかの高級な機能をカスタマイズできる手頃なルーターVPNです。
  • 3.VyprVPN: 詳細なチュートリアルや技術サポートを提供しており、ルーターでVPNを設定する際に問題が発生した際に、問題を解決するための協力を迅速に受けられます。
  • 4.Cyber​​Ghost: 動画を見たり、ファイルをダウンロードしたりするの充足な帯域幅を提供し、ルーターの設定方法のチュートリアルを提供します。
  • 5.IPVanish: プリインストール済みのルーターを公式サイトから直接購入するか、設定ファイルをダウンロードしてインストールします。

ルーターを設定した後は、このルーターに接続されている全ての端末がVPN接続とみなされるだけなので、VPNプロバイダーからの端末制限を気にする必要はありません。また、ルータにゲームコンソール(PlayStation、Xboxなど)とテレビ(Amazon Fire TVとApple TV)を接続することで、これらの端末がVPNの機能を揃えます。

ルーターで最高のVPN

ルーターにインストールするVPNを選択する前に、以下の条件に加えて、このVPNが適切なファイルやアプリケーションを提供しているかどうかを確認する必要があります。

  • ユーザーがダウンロードできるように関連する設定ファイルを提供
  • 公式サイトでは、ルーターの設置方法のチュートリアルが掲載されていますし、オンラインのカスタマーサービスでもヘルプを受けることができる
  • DNS漏洩対策付き
  • サーバーは高速で、負荷容量も良好
  • 良いプライバシーポリシーを持ち、ユーザーのログを取らない

1. ExpressVPN -DD-WRTルータにベストなVPN

ルーターでVPNを使用する必要があるユーザーには、ExpressVPNがベストだと考えています。とても詳細な説明書とウェブサイトからダウンロードできる設定ファイルが用意されていますし、何か問題が発生した場合にはカスタマーサービスにヘルプを求めることもできます。

ExpressVPN公式サイト
  • 対応端末:Windows、Mac、Android、iOS、Linux
  • 公式サイト: ExpressVPN.com
  • 返金保証: 30日

ExpressVPNは一部のルーターに非とても便利なファームウェアを提供していますが、お使いのルーターにこのファームウェアをインストールしたり、プレインストールされたルーターを購入することもできます。ファームウェアに便利な機能が多数搭載されており、VPNサーバーを自由に切り替えたり、接続されている端末にスプリットトンネリングを設定したりすることができます。

デフォルトのサーバー構成では、データの漏洩を防ぐためのDNS漏洩防止対策があります。ExpressVPNは厳格なログ無しポリシーを持っており、ユーザーの活動を記録しません。高級な暗号化技術と完璧な機密性を備えたExpressVPNは、スピードと安定性においてリーダー的存在であり、unlock Netflixストリーミングサイトに使用することができます。

+利点

  • ルータ設定のチュートリアル、VPN設定ファイルのダウンロード、オンラインテクニカルサポートを提供
  • ファームウェアは使いやすく、常にメンテナンスされている
  • デフォルトの設定ではDNS漏洩防止対策が付いています
  • 動画の視聴やファイルのダウンロードに十分な帯域幅を確保
  • セキュリティとシークレットは業界一流レベル
  • 24/7オンラインカスタマーサポート

-欠点

  • 価額が少し高いです

私たちはExpressVPNをルーターに最適なVPNと考えており、世界中に多数のサーバーを展開し、高速なアクセス速度を提供しています。 ルーターのファームウェア以外にも、ExpressVPNは様々なOSに対応したアプリを提供しており、セキュリティとプライバシー保護のための高い基準を持っています。

詳しいテスト結果や分析については、ExpressVPNレビューを参照してください。


2. NordVPN -一番お得なVPN

NordVPNはルーターユーザーに詳細なインストール方法を提供し、オンラインでのテクニカルサポートを提供しています。また、プリインストール済みのNordVPNルーターを直接購入してインストールの手間を軽減することができ、NordVPNの公式サイトではファームウェアをインストールした後に直接起動できる設定ファイルが用意されています。

NordVPN公式サイト
  • 対応端末:Windows、Mac、Android、iOS、Linux
  • 公式サイト: NordVPN.com
  • お金の背部保証: 30日

NordPVNはユーザーの閲覧ログを取らないログ無しポリシーを採用しており、NordPVNはデータを保護するために256ビットの軍レベルの暗号技術を採用しています。NordPVNは世界中に配置された多数のサーバーを持っているので、お望みのロケーションを快速に見つけ出し、非常に速い速度で接続できます。NordVPNは同様にNetflixやHuluのようなストリーミングサイトのジオブロックを解除するために使用することができます。

+利点

  • すべてのサーバにルータ設定ファイルを提供
  • 詳細なインストールチュートリアルとオンラインヘルプが用意される
  • ファームウェア内蔵のDNS漏洩防止対策
  • スムーズなハイビジョンビデオ動画放送のための高速サーバーアクセスを提供
  • ユーザーのプライバシーを重視した一流のセキュリティと厳格なログ無しポリシー

-欠点

  • デスクトップアプリケーションの使用に不便

NordVPNは、ルータへのインストールにも最適な高級な機能を多数搭載しているため、非常にお得なVPNとなっています。多くのストリーミングサイトと提携でき、使用中に良好な速度を維持しています。

詳しいテスト結果や分析については、NordVPNレビューを参照してください。


3.VyprVPN -トラフィックの使用に制限しない

VyprVPNは詳細なチュートリアルと設定ドキュメントを提供し、ルーターのファームウェアはOpenVPNプロトコルとPPTPプロトコルの両方をサポートしており、OpenVPNプロトコルを使用してより高いセキュリティを実現しています。 ルーター上でTomatoファームウェアが作動している場合、VyprVPNはVPNアプリとして作動することができます。 設定がうまくいかない場合は、オンラインサポートに問い合わせてみましょう。

VyprVPN公式サイト
  • 対応端末:Windows、Mac、Android、iOS、Linuxなど。
  • 公式サイト: VyprVPN.com
  • 返金保証: 30日

VyprVPNはいかなるトラフィックも記録しませんが、ネットワークサービスを最適化するために通常使用され、30日以内に削除されるIP関連のログだけが取られます。VyprVPNは、256ビットの軍レベルの暗号化を通してユーザーに強力なセキュリティを提供しています。VyprVPNのサーバーは、Netflixストリーミングの地域のブロックを解除し、ハイビジョンビデオをスムーズに視聴できる高速アクセスを提供しています。

+利点

  • Tomatoファームウェアで作動可能
  • ルータにVPNをインストールするための詳細なチュートリアルを提供
  • 独自プライべートのプライベートサーバーの経営
  • 高級な暗号化技術の提供
  • ユーザーのトラフィックのログを取らない

-欠点

  • 一部の高級な設定オプションがない

VyprVPNはとても使いやすく、インストールプロセスの面倒を軽減します。VyprVPNには独自のプライベートサーバーがあり、速度と安定性の面で大きなメリットがあります。

詳しいテスト結果や分析については、VyprVPNレビューを参照してください。


4. Cyber​​Ghost -初心者にとってベストな選択

CyberGhostはルーター上でうまく作動し、詳細なインストールチュートリアルは公式サイトに掲載されています。また、何か問題が発生した場合は、オンラインのテクニカルサポートに連絡することができます。CyberGhostは、ユーザーがルーターで各端末に機能を設定することができ、これらの機能は、アドブロック、データ圧縮などが含まれています。

Cyberghost公式サイト
  • 対応端末:Windows、Mac、Android、iOS、Linux
  • 公式サイト:CyberGhost.com
  • 返金保証: 45日

CyberGhostは厳格なログ無しポリシーを採用しており、セキュリティ認定もされています。ユーザーデータを保護するための高級256ビット暗号化とDNS漏洩防止対策を備えたCyberGhostは、速度テストで非常に優れたパフォーマンスを表し、ハイビジョン動画の放送にも使用できます。

+利点

  • ユーザーにルーターのインストールチュートリアルと設定ファイルのダウンロードを提供する
  • 端末ごとにカスタマイズ可能
  • インストールは非常に簡単で、初心者にも使い勝手が良い
  • DNS漏洩防止対策を含む強力なセキュリティ

-欠点

  • すべてのストリーミングメディアのジオブロックを解除することはできない

ルーターでのCyberGhost の設定は簡単で、内蔵の速度テスト機能により、ユーザーは最速のサーバーを素早く見つけることができます。サーバーの速度が非常に速く、ハイビジョン動画をスムーズに放送することができます。

詳しいテスト結果や分析については、CyberGhostレビューを参照してください。


5. IPVanish

IPVanishのウェブサイトでは、VPNの設定に必要なすべてのドキュメントが公開されており、ルーターの設定に必要なスクリプトだけでなく、インストール方法や使用方法についても詳細なドキュメントが用意されています。自分で設定したくない場合は、IPVanishがプレインストールされたルーターを購入することもできます。

IPvanish公式サイト
  • 対応端末:Windows、Mac、Android、iOS、Linuxなど。
  • 公式サイト:IPVanish.com
  • 返金保証: 30日

また、IPVanishはDNS漏洩防止対策とIPv6漏洩防止対策を内蔵し、強力なセキュリティを備えています。と同時に、IPVanishはログ無しポリシーを採用し、ユーザーの閲覧記録と個人情を記録しません。-IPVanishのルーターのファームウェアはPPTPおよびOpenVPNの両方のプロトコル、また128ビットおよび256ビットの暗号化の強さを提供します、256ビットの使用はデーターセキュリティにとって有利です。

+利点

  • 設定ファイルと詳細なインストールチュートリアルが用意されている
  • プリインストール済みのルーターを購入することができる
  • 強力な内蔵漏洩防止機能
  • ユーザーのログを取らない

-欠点

  • オンラインでのカスタマーサポートは提供されていない
  • クリプトカレンシーでの支払いができない

また、IPVanishは世界中に多数のサーバーを配置し、優れたサーバー負荷条件で高速かつ信頼性の高い接続を提供しています。強力なセキュリティとプライバシー保護を提供します。ストリーミングメディアのブロックを解除することに優位性はありません。


無料VPNの使用を避ける

無料VPNの多くはルーターアプリを提供していないため、インストールや設定ができません。少数の無料VPNがそれを提供しているかもしれませんが、多くのセキュリティリスクがあります。無料VPNは、トラフィックに広告を注入したり、閲覧履歴や個人情報までも記録してしまい、第三者に販売してしまう可能性があります。その上で、無料のVPNは、どの端末にも十分ではない少量のトラフィックしか提供できません。

DD-WRTは全てのルーターに対応していますか?

DD-WRTはすべてのルーターで作動するわけではなく、サポートされている端末の詳細な説明はDD-WRTの公式サイトで確認できます。一般的に、最新のルーターも古いルーターもDD-WRTファームウェアをサポートしていない場合があります。 古いバージョンのルーターは配置が低い場合があり、DD-WRTを実行するには最低でも8MBのフラッシュメモリが必要です。

まずはダウンロードしたDD-WRTのバージョンがお使いのルーターと互換性があることを確認して、インストールのプロセスには特に注意が必要で、次のインストール説明を読んだほうが良いです。インストールにエラーが起きた場合、ルーターが永久に損害してしまう可能性があります。

VPNに適するルーターの選び方

すべてのルータをテストしたわけではありませんが、VPNと相性の良いルータは、通常、これらの条件を満たす必要があります:

  • プリインストールされたルーター: -プリインストールされたルーターは最良のオプションであり、使用するには簡単な設定しか必要ありませんが、通常のルーターよりも高価です。ExpressVPNのルーターのファームウェアは非常に使いやすく、プリインストールされたルーターを直接購入することができます。
  • DD-WRTルーター: –一部のルーターには、デフォルトでDD-WRTファームウェアがインストールされているため、VPNを設定するだけで使用できます。複数のサーバーを追加するのは非常に時間がかかりますが、VPNプロバイダーは通常、簡単に設定できる方法を提供しているので、チュートリアルに沿って設定するだけです。もちろん、ほとんどのルーターはDD-WRTに対応していないので、購入前によく確認しましょう。
  • DD-WRTと互換性のあるルーター: –ほとんどのルーターはDD-WRTと互換性がありますが、これはユーザーに技術的なスキルが要求され、インストールが難しい場合があります。ほとんどのルーターにはメーカー独自のファームウェアがインストールされているため、これらのルーターではVPNが作動せず、元のファームウェアをDD-WRTに交換する必要があります。これはリスクの高いインストール方法であり、間違ってインストールされている場合は、おそらく永久にルータを損傷します。

ルータでOpenVPNを設定する

まず、VPNサービスプロバイダの製品を購入し、アカウントパスワードを取得する必要があります。そして、VPNサービスプロバイダのウェブサイトにアクセスして、OpenVPN設定ファイルをダウンロードする必要があります。これらのファイルにはすべてのサーバー設定情報が含まれていて、見つけられない場合は、オンラインカスタマサービスに連絡してください。

パソコンがルーターに接続されている場合は、ブラウザに「192.168.0.1」または「192.168.1.1」を入力し、DD-WRTファームウェアをインストールした際に設定したパスワードで管理コンソールにアクセスします。

できればローカルエリアネットワークでルーターに接続した状態で、Webブラウザでルーターのダッシュボードにアクセスします。通常、ウェブアドレスバーフィールドにhttp://192.168.1.1を入力することで、これを行うことができます。それでもうまくいかない場合は、http://192.168.0.1を試してみてください。DD-WRTを最初にインストールしたときに設定した資格情報でダッシュボードにログインします。

「サービス」タブをクリックし、下部の「VPN」をクリックし、「OpenVPN Client」を「Enable」に切り替えます。

DD-WRTでOpenVPNを設定する

VPN接続を設定する際に、認証情報の入力を求められることがありますが、これは以前にダウンロードしたサーバー設定ファイルに記載されています。この情報には、IPアドレス、ポート番号、暗号化アルゴリズムが含まれています。これらの情報が設定ファイルに含まれていない場合は、VPNサービスプロバイダのオンラインテクニカルサポートにお問い合わせください。

OpenVPNクライアント

VPN接続時に認証情報の入力を求められない場合は、「Additional Config」の入力ボックスを探して、以下のコマンドを入力します:

auth-user-pass /tmp/auth.txt

同様に、OpenVPNの設定に関する複数のフィールドが表示されますので、ここでサーバー設定ファイルからの情報を設定します。また、鍵や証明書などの設定情報が必要な場合は、VPNサービスプロバイダのテクニカルサポートに連絡し、これらの情報を入手した後、DD-WRTの各種フィールドに設定する必要があります。

これらの設定が完了したら、設定の保存をクリックしてVPN接続を起動します。

OpenVPNログ

ルータでDNSを設定する

ルーターのDNSサーバーをVPNサービスプロバイダの専用DNSサーバーに変更することで、ISPからのデータ盗用を防ぐことができます。端末ごとに個別に設定することもできますが、DD-WRTルータで設定した方が便利です。

DD-WRTルータの管理バックグラウンドで、Setup > Basic Setupをクリックし、Network Address Server Settings (DHCP)の下に、Static DNS 1、2と3と入力し、ここでVPNサービスプロバイダが提供するDNSサーバを入力できます。

DHCPの設定

設定が完了したら、SaveApply settingsをクリックします。次に最後のステップとして、Services > Servicesをクリックします。 DNSMasqオプションで、DNSサーバー情報を上記で入力したDNSサーバーに置き換えて、以下の形式にします:

dhcp-option=6, dns.ip.1, dns.ip.2, dns.ip.3

DNS関連のオプションをすべて設定した後、ルータ上のトラフィックはDNSの漏洩防止保護が得られます。

DNSMasq起動

DD-WRTでVPNスプリットトンネリングを設定する

時には、一部の端末がVPNを介してデータを転送するが、他の端末はVPNなしで直接インターネットに接続しない必要があるかもしれません、この機能は、スプリットトンネリングと呼ばれています。DD-WRTファームウェアの一部のバージョンでは、この高級な機能をサポートしています。

設定はDD-WRT管理バックエンドで行うことができて、Service > VPNをクリックし、Policy based routingの入力ボックスを見つけ、VPN経由でデータを転送する必要がある端末のIPアドレスを入力します。

異なるウェブサイト、アプリケーション、サーバー、または他の基準によってスプリットトンネリングを設定する必要がある場合は、ファイアウォールでiptablesを設定する必要があります。Administration > Commands > Firewallをクリックし、必要に応じて特定のコマンドを編集して入力します。異なるコマンドを入力するには、Googleでより多くの資料を調べたほうがいいです。

特定のウェブサイト、アプリケーション、サーバ、その他のトラフィックターゲットに対してスプリットトンネリングを起動にしたい場合は、iptables を使用してファイアウォールで設定する必要があります。管理>命令に移動します。 ファイアウォールで編集をクリックし、必要なコマンドを入力します。これらは、ユーザーが何を達成しようとしているかによって大きく異なりますので、Googleで更なる検索が必要になります。

ルーターでPPTPを使うのはどうですか?

DD-WRTのファームウェアバージョンの中にはPPTPプロトコルをサポートしているものもあり、PPTPプロトコルは基本的なVPN機能も満たしていますが、セキュリティの面ではセキュリティホールが多いため、使用することはお勧めしません。

PPTPは設定がはるかにシンプルで、暗号化の強度が低いため、一般的にOpenVPNよりも高速です。高いデータセキュリティを望んでいない場合、PPTPプロトコルを使用してVPNを配置することもできます。

ルーターでVPNを使うことの欠点

ルータにDD-WRTファームウェアをインストールしてVPNを設定すると、多くの利点がありますが、欠点もあります。

ルーターで全ての端末をVPNで接続しているため、現在使用している端末が多いと全ての端末の速度が遅くなる可能性がありますし、VPNサービスプロバイダーは接続ごとに一定の速度制限を設けていますので、VPNを利用している端末の速度が遅くなる可能性があります。

また、VPNサービスプロバイダがVPNサーバの設定情報を更新した場合は、ルータの設定も手作業で更新する必要があります。通常、VPNサービスプロバイダは、この状況を十分に考慮してプリインストールされたルーターを提供し、設定の更新をしやすくにしています。

VPNはデータを暗号化して復号化する必要があるため、ルータの設定への要求は厳しくなり、VPNを使わないよりも処理に時間がかかったり、ネットワークの速度が遅くなったりすることがあります。